東京都の梅の名所 谷保天満宮の梅とお花見
東京の梅の名所
関東の梅の名所
梅まつり
鉄道・交通情報
お花見リンク

TOP 東京の梅の名所 谷保天満宮


谷保天満宮の梅

谷保(やぼ)天満宮は東日本最古の天満宮で、湯島天神亀戸天神とともに関東三大天神のひとつです。

菅原道真の子供、菅原道武が父を祀る廟を建てたことが始まりといわれています。また交通安全発祥の地ともいわれています。
ご利益は学業成就、厄除け、交通安全などで、梅のシーズンは受験シーズンでもあることから、合格祈願や合格のお礼に多くの人も訪れます。


湯島天神と亀戸天神は「梅の名所」として有名ですが、谷保天満宮も梅の名所です。境内の中には梅園があり、約350本の紅白の梅が植えられています。

梅園の敷地は独立しており、梅の木の管理が良く花数も多いです。園内には散策路が作られ、山口瞳の文学碑などもあります。梅の見ごろの時期には「梅まつり」が開催されます。

梅の本数 約350本
梅の見頃 2月中旬〜3月上旬
交通 (電車)
JR南武線谷保駅から徒歩3分。

(自動車)
中央自動車道国立府中I.C.から約5分。
駐車場 30台。
開花・観光情報 谷保天満宮
住所・地図 東京都国立市谷保5209  地図

谷保天満宮の梅の写真

谷保天満宮の梅

国立市の梅の名所














谷保天満宮の梅 開花情報・見ごろ・梅まつり




当サイトの文章や画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。