TOP 東京の梅の名所 新宿御苑

新宿御苑の梅




1万本もの樹木があり、桜の名所としても有名な新宿御苑。100年以上の歴史があるだけに、梅の木も立派なものや手入れの良い木が多くあります。

梅は園内の各所に植えられていますが、「レストランゆりのき」の近くでは梅とスイセンのコラボが楽しめ、日本庭園の茶室「翔天亭」の隣には紅白の梅林が広がります。

新宿御苑は都心にありながらメジロやヒヨドリなどの野鳥も多く、「梅にウグイス」ならぬ「梅にメジロ」といった写真を、かんたんに撮ることができます。


新宿御苑の梅の見ごろ

新宿御苑で梅が見頃になるのは、2月中旬〜3月中旬です。ちょうどこの頃には園内で、寒桜や修善寺寒桜、カンヒザクラ、河津桜といった早咲きの桜も開花するので、梅と桜のお花見が同時に楽しめます。


新宿御苑の営業時間・料金

営業時間
10/1-3/14 9時〜16時30分(入場は16時まで )
3/15-6/30 9時〜18時(入場は17時30分まで )

休園日は月曜日・年末年始。

入園料

大人 500円、 65歳以上250円、
学生 (高校生以上) 250円、中学生以下無料。


梅の本数 約350本
梅の見頃 2月中旬〜3月中旬
交通 地下鉄新宿御苑前駅・新宿3丁目駅から徒歩5分。
JR千駄ヶ谷駅から徒歩5分など。
開花・観光情報 新宿御苑
住所・地図 東京都新宿区内藤町11  地図
天気予報 天気予報  ライブカメラ

新宿御苑の梅の写真

新宿御苑の梅 新宿御苑の梅とお花見

梅の花とメジロ






東京の梅の名所
関東の梅の名所
梅まつり
鉄道・交通情報
お花見リンク



当サイトの文章や画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。


新宿御苑の梅 開花情報・見ごろ