向島百花園
東京の梅の名所
東京周辺 梅の名所
梅まつり
鉄道・交通情報
お花見リンク

TOP 東京の梅の名所 向島百花園


向島百花園の梅とお花見


向島百花園は江戸時代に、和学者の佐原鞠塢が作った庭園です。当時は梅が中心で360本もあったそうです。そのため亀戸の清香庵が、「梅屋敷」と呼ばれていたのにならって、「新梅屋敷」とも呼ばれていました。

その後、詩経や万葉集などに詠まれている植物を集め、四季おりおりの花が楽しめる「百花園」と変わっていきました。現在は樹木1,040本や山野草が植えられており、国の名勝・史跡に指定されています。

向島百花園に現在ある梅は60本ほどですが、種類は多く20種類ぐらいの梅の花を楽しめます。

白梅の「白加賀」がもっとも多く、木も大きいので目立ちます。他には紅梅の「唐梅」、ピンクの花が美しい「見驚(けんきょう)」、1本に紅白の花が咲く「思いのまま」などもあります。

ただ全体の本数が少ないので、ちょっと梅の名所としてはボリューム感が足りないところも。そんな場合は東武線を使って亀戸天神小村井 香取神社・梅香園と、観梅のハシゴをしてみるのも良いかもしれません。

毎年2月上旬〜3月上旬まで「梅まつり」が開催されます。

(向島百花園にある梅)
白加賀、豊後、鴛鴦、鹿児島紅、見驚、冬至梅、紅冬至、唐梅、初雁、八重寒紅、八重野梅、青軸、紅千鳥、月影、思いのまま、道知辺、長束、花香美、八つ房梅など。

梅の本数 約60本
梅の見頃 2月上旬〜下旬
交通 東武鉄道スカイツリーライン東向島駅から徒歩10分。
京成電鉄押上線曳舟駅から徒歩15分。
開花・観光情報 向島百花園
住所・地図 東京都墨田区東向島3-18-3  地図

向島百花園の梅の写真

向島百花園のお花見


白加賀

唐梅 見驚













当サイトの文章・画像の著作権は管理人にあります。許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。

向島百花園の梅 開花情報・見ごろ・梅まつり