水戸偕楽園の梅とお花見ガイドです。
東京の梅の名所
東京周辺 梅の名所
梅まつり
鉄道・交通情報
お花見リンク

TOP 東京周辺の梅の名所 水戸偕楽園


水戸偕楽園の梅とお花見


日本三名園のひとつ水戸偕楽園は、1842年(天保13年)に作られた庭園で、藩主の徳川斉昭が領民と偕(とも)に楽しむ場にしたいということで「偕楽園」と名づけられました。

偕楽園にある梅園の正式名称は「東西梅林」。本園の中でもひときは大きな面積をほこります。また本園から下った公園の拡張部には、田鶴鳴(たづなき)梅林、猩々(しょうじょう)梅林、窈窕(ようちょう)梅林という3つの梅林があり、全部で約100品種・3000本の梅が植えられています。

早咲きの梅は12月から咲き始め、遅咲きは桜が咲くころまで楽しめます。白梅の白加賀や人気の輪違い、そして名前が付けられていないものまで、ともかくたくさんの梅を見ることができます。
また花の形や色、香りが優れたもの(品種)は、水戸の六名木(白難波、虎の尾、柳川枝垂、烈公梅、江南所無、月影)と呼ばれています。

園内の好文亭(梅の異名「好文木」から名付けられた)からも、梅林の美しい景色を眺めることができます。

毎年2月下旬〜3月末には「梅まつり」が開催され、ライトアップや野点、黄門様との記念撮影などのイベントが行われます。

本数 約3000本
梅の見ごろ 2月下旬〜3月中旬
交通 (鉄道・バス)
JR常磐線偕楽園臨時駅(梅まつり期間中の土日に下り列車のみ停車します。)
JR水戸駅から茨城交通または関東鉄道のバスで約20分。(梅まつり期間中は増発されます)

(自動車)
常磐自動車道水戸ICから20分。
駐車場 700台。他に千波湖の周辺にも駐車場があります。
開花・観光情報 水戸偕楽園  水戸観光協会
住所・地図 茨城県水戸市常盤町1-3-3  地図

水戸偕楽園の梅の写真

東西梅林

東西梅林 東西梅林

好文亭からの眺め 好文亭からの眺め

好文亭と田鶴鳴(たづなき)梅林 田鶴鳴(たづなき)梅林

猩々(しょうじょう)梅林 黄門様と水戸の梅大使

白難波 月影

柳川枝垂れ 雛曇り












当サイトの画像・文章の著作権は管理人にあります。許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。


水戸偕楽園の梅 開花情報・見頃・梅まつり・お花見