根津神社
関東・つつじの名所
つつじまつり
つつじの種類
鉄道・交通情報
お花見リンク
TOP 東京のつつじの名所


根津神社のつつじ



東京のツツジの名所といえば定番の根津神社。「根津権現」とも呼ばれ、日本武尊が創祀したと云われる由緒ある神社です。

根津神社の本殿や幣殿、拝殿、唐門など7つは、国の重要文化財に指定されており、夏目漱石の「道草」や森鴎外の「青年」など、多くの文学作品にも登場しています。

根津神社のつつじの歴史は、ここが根津神社の境内となる前、徳川綱重(第6代将軍・徳川家宣の父)の屋敷だった時に、庭へつつじを植えたことに始まります。
その後、この場所は「つつじヶ岡」と呼ばれて、江戸の名勝のひとつになりました。

現在はつつじ苑に、クルメツツジやリュウキュウツツジ、レンゲツツジなど約50品種・3000本が植えられています。早咲きから遅咲きまであるので、長い間花を楽しめます。

つつじ苑は丘の斜面を利用して造られており、下から花を見上げるのも良いですし、上から花を見下ろすこともできます。遊歩道でツツジの中を散策することもできます。

4月上旬〜5月上旬には「文京ツツジまつり」が開催され、甘酒茶屋や屋台などが出て。多くの参拝客や花見客で賑わいます。


本数 約3000株
見頃 4月中旬〜5月上旬
交通 東京メトロ千代田線根津駅・千駄木駅、南北線東大前駅から徒歩8分。
都営地下鉄三田線白山駅から徒歩10分。
開花・観光情報 根津神社  ライブカメラ
住所・地図 東京都文京区根津1-28-9  地図


根津神社のつつじの写真


根津神社


麒麟 黄レンゲ

ハナクルマ 月光の曲







当サイトへのリンクは自由です。
画像の著作権は管理人にあります。許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。






根津神社のつつじ 東京のツツジの名所