関東・つつじの名所
つつじまつり
つつじの種類
鉄道・交通情報
お花見リンク
TOP 関東のつつじの名所


水戸偕楽園のつつじ


梅の名所、そして日本三名園のひとつして有名な水戸偕楽園。園内にはツツジやサツキなど380株が植えられています。

偕楽園が開園したのは1842年(天保13年)で、藩主の徳川斉昭が千波湖を臨む七面山を切り開き、領民と偕(とも)に楽しむ場にしたいということで「偕楽園」と名づけられました。

見どころは、江戸時代に植えられたという樹齢・約250年の立派なキリシマツツジが85本もあるということ。薩摩藩から寄贈されたようですが、偕楽園が出来た時にはすでに樹齢80年だったことになります。
原産地の九州の霧島山では準絶滅危惧種に指定されており、全国的に見ても古木の数は少なく、キリシマツツジで有名な「六義園」にも、これほど古いものはありません。

ツツジが見頃の時期には、好文亭をバックに記念撮影のスポットとなります。また好文亭の3階「楽寿楼」からは、これらのツツジと千波湖をいっしょに眺めることができます。

ちなみに現在の「好文亭」は再建されたものですが、以前の茶室の床柱は薩摩藩主・島津斉彬から贈られたつつじの巨木で作られていたそうです。また奥御殿にはつつじの間があり、襖には美しいつつじが描かれています。

毎年4月下旬〜5月上旬まで「水戸のつつじまつり」が開催され、野点や写真撮影やガイド、黄門さまの台所などのイベントが行われます。

また、同じ頃には藤棚の房が伸びはじめ、梅園では梅の実が大きくなっています。

本数 約380株
見ごろ 4月下旬〜5月上旬
交通 (電車・バス)
JR水戸駅から茨城交通または関東鉄道のバスで約20分。

(自動車)
常磐自動車道水戸ICから約20分。
駐車場 700台。
開花・観光情報 水戸偕楽園  水戸観光協会
住所・地図 茨城県水戸市常磐町1-3-3  地図


偕楽園のツツジの写真

霧島ツツジと好文亭


霧島ツツジ(八重)

好文亭の1階から 好文亭の3階から

好文亭 つつじの間

中門 藤棚





当サイトの画像の著作権は管理人にあります。
許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。






水戸偕楽園 茨城県のつつじの名所