湯の丸高原
TOP > 関東のつつじの名所 > 湯の丸高原

湯の丸高原のレンゲツツジ




湯の丸高原というと長野県という紹介がされていますが、長野県東御市と群馬県嬬恋村にまたがる高原です。その中で有名なレンゲツツジの大群落は、ほとんどが群馬県側にあります。ちなみにレンゲツツジは「群馬県の花」になっています。

このレンゲツツジの群落は、湯の丸山の東斜面の放牧地(通称・湯の丸牧場)に約60万株があり、国の天然記念物に指定されています。
放牧は大正時代から行われ、牛が毒のあるレンゲツツジを避けて、それ以外の植物を食べた結果、レンゲツツジの大群落ができたそうです。

駐車場のある地蔵峠からは歩いても登れますが、開花している期間はスキー場の夏山リフトが運行されています。リフトの終点から5分ほど歩くと「つつじ平」で、見渡す限りのレンゲツツジと、それが湯の丸山の頂上近くまで続いている様子が見られます。

レンゲツツジの数でいうと、長野県の五味破風高原のほうが多いようですが、一目で見られる数は段違い。こちらはまさに圧巻と呼ぶのがふさわしいスケールです。


(食事・休憩)
地蔵峠には駐車場(1500台)やバス停がある他、食堂やおみやげ店、宿泊施設などがあります。


(湯の丸高原つつじ祭)
毎年、6月中旬〜7月上旬には「湯の丸高原つつじ祭」が行われます。リフト料金は往復800円、片道500円。

※2017年はレンゲツツジの開花が遅れているため、つつじ祭りの期間が1週間延長されました。夏山リフトの運行も7月9日まで行われます。


※最近、東御市の観光協会がレンゲツツジの本数を、60万株から70万株に数字をかさ上げしてPRを始めましたが、これは五味破風高原への対抗意識からかもしれません。
湯の丸高原のレンゲツツジは、ボランティアの協力のもと保全活動は行われていますが、上信越高原国立公園内にあり国の天然記念物なので、観光目的のために一気に10万株も増やすということはできません。


つつじの本数 約60万株
つつじの見頃 6月中旬〜7月上旬
交通 (電車・バス)
JR長野新幹線佐久平駅、JR・しなの鉄道小諸駅から千曲バス湯の丸行きで60分。終点で下車。
※期間限定運行で運転日は要確認。1日往復合わせて4便なので時間に注意が必要です。

(自動車)
上信越自動車道東部湯の丸ICから約20分。
駐車場 1500台
開花情報
観光情報
東御市観光協会  嬬恋村観光協会
住所・地図 群馬県嬬恋村鎌原・長野県東御市新張  地図
天気予報 湯の丸高原の天気予報


湯の丸高原のレンゲツツジの写真

つつじ平からの湯の丸山

湯の丸高原



湯ノ丸スキー場の夏山リフト




関東・つつじの名所
つつじまつり
つつじの種類
鉄道・交通情報
宿泊情報



当サイトの文章・画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。



湯の丸高原のレンゲツツジ 群馬のつつじの名所