館林市 つつじが岡公園
関東・つつじの名所
つつじまつり
つつじの種類
鉄道・交通情報
宿泊情報
お花見リンク
TOP > 関東のつつじの名所 > 館林市・つつじが岡公園


館林市 つつじが岡公園



館林市の「つつじが岡公園」は、関東を代表するツツジの名所です。樹齢800年というヤマツツジなど、50種類・約1万株が植えられています。

(つつじが岡公園の歴史)
館林のツツジの歴史は古く、室町時代の書物に「躑躅ヶ崎」という名前で登場し、江戸時代の初期にはツツジの名所として知られていたそうです。
つつじが岡公園は、慶長10年(1605年)に亡くなった、館林藩主の榊原康政の側室「お辻」を弔うために、ツツジを植えたのが始まりといわれ、1627年には榊原(松平)忠次が、新田郡武蔵島村から数百株のツツジの古木を移植しました。

館林藩は徳川綱吉が、第5代将軍になる前に藩主を勤めるなど、徳川家とゆかりの深い藩でしたが、藩主の移封などで何度も廃藩となっています。そういう状況の中でも、歴代の藩主や城主によってツツジ園は保護されてきたそうです。

(つつじが岡公園の見所)
メインはとなるのは「勾当内侍遺愛」(こうとうないしいあい)と呼ばれるヤマツツジや、霧島ツツジの古木で、これだけ大きなツツジが、群生している姿はここだけのものです。
また江戸時代後期に、園芸ツツジの産地だった東京・大久保で作られた「江戸キリシマ」の貴重な品種もあります。

その他には館林出身の向井千秋さんが、スペースシャトル「コロンビア」内に、持ち込んだ種子から開花した「宇宙つつじ」や、館林オリジナル品種である、花山姫や乙女心なども見ることができます。

園内にはカラフルな久留米ツツジなどもありますが、それをあまり期待して行くと少しガッカリするかもしれません。

毎年、4月中旬〜5月上旬まで「つつじまつり」が開催され、土休日を中心にイベントが行われます。入園料は花の開花状況により変動します。(310〜620円)

公園の入口には飲食店や土産物店があり、園内には休憩所もあります。

(つつじが岡公園の交通)
つつじまつり期間中は東武鉄道館林駅から、シャトルバスが運行されます。(平日でも時刻表以外に臨時便が出ます)
土休日には公園周辺の道路はかなり渋滞します。


本数 約1万株
見頃 4月中旬〜5月中旬
交通 (電車・バス)
東武鉄道伊勢崎線館林駅からバス

(自動車)
東北自動車道館林ICから4km。
駐車場 6000台。その他にも民間の臨時駐車場があります。
開花・観光情報 つつじが岡公園ガイド  館林市観光協会  ライブカメラ
天気予報 天気予報
住所・地図 群馬県館林市花山町3278  地図


館林・つつじが岡公園の写真

勾当内侍遺愛のツツジ(樹齢800年のヤマツツジ)

館林市 つつじが岡公園


八重霧島(樹齢650年) 滝つつじ(八重咲きヤマツツジ・樹齢650年

乙女心(オオヤマツツジ系・樹齢650年 桔梗咲き霧島

新公園 新公園

館林市 つつじが岡公園
新公園 新公園







当サイトへのリンクは自由です。
画像の著作権は管理人にあります。許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。








館林市 つつじが岡公園 群馬県のツツジの名所