TOP
お花見リンク

TOP > 東京都の花菖蒲の名所 > 染谷花しょうぶ園


染谷花しょうぶ園の花菖蒲


染谷花しょうぶ園は昭和58年にオープンした菖蒲園です。運営しているのは造園業の染谷植物園で、皇居や迎賓館などにも植木を納めているそうです。

もともとは先代の社長が、福岡県柳川市などで見た菖蒲園に感激し、買い付けたハナショウブを、社有地の中にあった湿地に植えて育てたのが始まりだそうです。菖蒲の生育が順調だったために、整備して菖蒲園として開園。

けっして交通の便の良いところではありませんが、花の見事さからしだいにお客さんが増えて、現在は開花期間中だけで1万人以上が来園するそうです。


約8000平方メートルの敷地には200種類、約2万株のハナショウブが植えられています。菖蒲田の中央部には八つ橋があり、途中には花見台もあります。

2万株のハナショウブとなると花のボリュームがすごいです。たくさんの花による群落を見るのも良いですし、名札を見ながら1つ1つの花を見るのも良いです。

ハナショウブの植え方は、菖蒲田を全体を見ることも意識して、種類を前後でバラバラになるようにして植えられています。
染谷花しょうぶ園がすごいのは、この植え方。キチンと菖蒲田の中での配色が計算されており、それによって全体を見ても美しい菖蒲田が出来上がっています。これができるのは造園業者さんならではだと思います。

染谷花しょうぶ園の菖蒲田は水をはらずに管理されています。「水が無くてお花がかわいそう」なんていう人もいますが、これが正しい姿。
ハナショウブは湿地を好みますが、水生植物ではないので、水の中では育ちません。菖蒲田に水を入れるのは見栄えをよくするためで、人間によるただの演出です。
ここは造園業者さんだけあって、花の管理がいきとどいており、美しい花を楽しむことができます。

ハナショウブの見ごろは6月上旬〜中旬。基本的には6月1日〜月末までの開園ですが、開花が早いと5月下旬からオープンします。
また園内にはたくさんのアジサイが植えられており、ハナショブとアジサイをいっしょに楽しむことができます。


染谷花しょうぶ園の開園時間は午前9時〜午後5時。

園内には甘味店、手焼き煎餅店、休憩所などがあります。道路の反対側には苗木、草花などを売る染谷植物園の売店があります。


本数 200種類・2万株
見頃 6月上旬〜中旬
住所・地図 埼玉県さいたま市見沼区染谷2丁目248番地  地図
交通 (電車・バス)
JR・東武鉄道大宮駅から国際興業バスで染谷新道バス停で下車。徒歩約10分。

(自動車)
首都高速埼玉新都心線 さいたま見沼IC、東北自動車道浦和IC。
駐車場は40台(有料)
開花情報 染谷花しょうぶ園
観光情報 さいたま観光国際協会
天気予報 染谷花しょうぶ園の天気予報

染谷花しょうぶ園のハナショウブの写真





日月(長井古種) 渦潮

赤とんぼ(江戸系) 佐野雪

熱海の夜 アジサイ







当サイトの画像の著作権は管理人にあります。
許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。








染谷花しょうぶ園の花菖蒲 見頃・開花情報 見所と写真