TOP

TOP > 花菖蒲の名所 > 佐倉城址公園


佐倉城址公園・菖蒲園のハナショウブ


佐倉城址公園は佐倉城の跡に作られた公園です。当時の建物はほとんど残っていませんが、天守跡や空堀、土塁などがあり、日本100名城のひとつになっています。

桜の名所として有名で、隣の歴史民俗博物館の区域と合わせると1100本もの桜があります。その他にも梅、睡蓮、あじさいなどの名所でもあります。

菖蒲園は公園の東側にあり江戸系、肥後系、伊勢系、長井系、外国系など50種類・9000株のハナショウブが植えられており、6月上旬〜中旬が見ごろの時期となります。

9000株もあるのに50種類というのはちょっと少ないです。ハナショウブの植え方は、同じ種類のものを1列に植えて花の帯を作るという方法。
奥行きや開放感のある空間を作り出すという方法なのだそうですが、濃い色と薄い色の種類をうまく並べてないので、遠めに見ると色がかたよってしまい、カラフルさに欠けるのが残念なところです。

その他には、2016年に開催された「あやめサミットin佐倉」(全国市町村あやめサミット連絡協議会関係首長会議)を記念して、各自治体から寄贈されたハナショヴやアヤメを展示する花壇も作られています。

6月中旬になると菖蒲田のまわりでは、たくさんのアジサイが色づき始めます。また同じ京成線の沿線には、宗吾霊堂というあじさいの名所もあるので、ハナショウブとアジサイをハシゴしながら楽しむこともできます。


佐倉城址公園の開園時間は24時間で無休。入園料も無料です。公園の隣には国立歴史民俗博物館もあります。


本数 50種類・9000株
見頃 6月上旬〜中旬
住所・地図 千葉県佐倉市城内町  地図
交通 (電車)
京成電鉄佐倉駅から徒歩20分。JR佐倉駅から徒歩25分。
バスは京成電鉄佐倉駅、JR佐倉駅からちばグリーンバスで、「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」で下車して徒歩5分。

(自動車)
東関東自動車道・四街道ICから15分。
駐車場 200台(無料)。
開花情報 佐倉市
観光情報 佐倉市観光協会
天気予報 佐倉城址公園の天気予報

佐倉城址公園のハナショウブの写真




あやめサミットin佐倉の花壇

郭公鳥(長井系) 美吉野(伊勢系)

太平楽(江戸系) ステップルド・リップルズ(アメリカ)







当サイトの画像の著作権は管理人にあります。
許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。








佐倉城址公園・菖蒲園の見頃・開花情報や見どころ