TOP
お花見リンク

TOP > 東京都の花菖蒲の名所 > 北山公園菖蒲苑


北山公園菖蒲苑のハナショウブ


北山公園は武蔵野の面影が残る八国山緑地の南側にある公園で、新東京百景のひとつに選ばれています。

る花菖蒲が見頃となる6月上旬〜中旬には「東村山菖蒲まつり」が行われ、公園の入口には多くの露店が並び、たくさんの人で賑わいます。

菖蒲苑にある花菖蒲は江戸系、肥後系、長井系など300種類・8000株が植えられており、都内にある菖蒲園の中では種類の多さはここが一番です。
長井系のハナショウブは、山形県長井市のあやめ園との交流田として、コーナーが作られています。また、ここでしか見られない「北山乙女」などもあります。
北山公園の花菖蒲の図鑑

花ごとに名札が付いているので、名前や系統がわかります。花がらの摘み取りは、日の出前の午前4時から行われているそうです。

菖蒲田の中には木道が整備されており、高さは低いですが展望台も作られています。また東屋や休憩所、ベンチなども設置されています。

公園の北側の西武西武園線沿いには、アジサイやアナベルなどが植えられています。

東村山菖蒲まつりの期間中には、2日間だけですが花菖蒲のライトアップが行われます。

本数 300種類・8000株
見頃 6月上旬〜中旬
住所・地図 東京都東村山市野口町4丁目50番地  地図
交通 (電車)
西武新宿線東村山駅から徒歩20分。
東村山菖蒲まつりの期間中の土日には、東村山駅西口から北山公園までを乗り合いタクシー(1人150円)が運行されます。

(自動車)
公園には駐車場がありません。開花の期間には周辺で民間の臨時駐車場がオープンしますが、場所はわかりずらいです。
開花情報 開花情報
観光情報 東村山市
天気予報 北山公園の天気予報

北山公園のハナショウブの写真





京舞(肥後系) 武蔵川(江戸系)

相生(江戸系) 小桜姫(長井系)

まほら(長井系) アナベルと西武電車







当サイトの画像の著作権は管理人にあります。
許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。







北山公園菖蒲苑のハナショウブの見頃・開花情報 見どころや写真