足立区 都市農業公園
TOP
関東の桜の名所
伊豆の桜の名所
甲信越の桜の名所
東北の桜の名所
お花見・タイプ別
桜以外のお花見
開花・天気予報
お花見の宿泊
桜のライブカメラ
交通情報
リンク
TOP 関東の桜の名所 東京の桜の名所 > 足立区都市農業公園

足立区 都市農業公園の桜とお花見


足立区の荒川べりにある都市農業公園は、四季折々の花と自然とふれあうために、水田や畑を利用した農業体験が出来る公園です。

明治時代、荒川沿いには園芸品種の里桜を中心に78種類・3200本もの桜が植えられ、さまざまな色の桜の花を、楽しめたことから「五色桜」と呼ばれていました。

五色桜から採られた苗木は、日米友好のシンボルとしてワシントンのポトマック河畔に植えられました。また貴重な品種が多かったため、東京の新宿御苑などにも植えられました。ところが本家の荒川の五色桜は、工場の煙害により枯れたり、戦後に伐採されて燃料として使われたりして、ほとんどが無くなってしまいました。

これを復活させようとした取り組みから生まれたのが、都市農業公園の桜です。
そのため主役は、ソメイヨシノではなくカンザンやフゲンゾウ、緑の花のウコンやギョイコウなどの八重桜たちです。その中には昔、アメリカのワシントンに寄贈した五色桜の子孫が、里帰りしたものもあるそうです。

現在は園内の芝生広場の周囲や、公園外周の桜並木などに49種類・297本が植えられています。早咲きの桜やソメイヨシノもありますが、八重桜が多いのでソメイヨシノが終わった後が、見頃のピークとなります。

園内には他にレストハウス「みはらし茶屋」や五色桜資料展示室、古民家、長屋門などがあります。

足立区は五色桜の復活事業を積極的に進めており、都市農業公園以外にも荒川左岸鹿浜橋緑地(桜づつみ)や舎人公園などでも殖栽を行っています。


(足立区都市農業公園の桜の種類)
関山、一葉、普賢象、松月、高砂、白妙、江戸、八重紫桜、早生都、日暮、嵐山、手弱女(たおやめ)、福禄寿、千里香、糸括、北斎、楊貴妃、天の川、手毬、紅豊、ヒヨドリ桜、薄墨桜、苔清水、江北匂い、駿河台匂い、御座の間匂い、細川匂、朱雀、ワビヒト、マノガ、ギョイコウ、鬱金、ソメイヨシノ、しだれ桜、八重紅枝垂れ、大島桜、八重紅大島、寒緋桜、寒桜、江戸彼岸、大山桜、泰山府君、太白、アメリカ、十月桜など。

桜の本数 297本
桜の見頃 3月下旬〜4月中旬
交通 東武鉄道スカイツリーライン西新井駅から東武バス・鹿浜都市農業公園行で終点下車。
首都高速川口線鹿浜橋IC・東領家IC
駐車場 166台
開花・観光情報 足立区都市農業公園
天気予報 天気予報
住所・地図 東京都足立区鹿浜2-44-1  地図

足立区都市農業公園の写真

八重桜

足立区 都市農業公園

関山(カンザン) 普賢象(フゲンゾウ)

糸括(イトククリ) 鬱金(ウコン)

御衣黄(ギョイコウ) 八重紫(ヤエムラサキ)








当サイトへのリンクは自由です。
画像の著作権は管理人にあります。許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。







足立区都市農業公園の桜・八重桜 見ごろとお花見スポット・写真