多摩森林科学園
TOP 関東の桜の名所 東京の桜の名所 > 多摩森林科学園

多摩森林科学園の桜とお花見





多摩森林科学園は独立行政法人・森林総合研究所の施設です。

約8haの面積があるサクラ保存林には、江戸時代から伝わる栽培品種や、国の天然記念物に指定された桜のクローンなど、全国各地から集められた250種類、約1700本の桜が植えられています。桜の栽培品種のコレクションとしては国内最大だそうです。
多摩森林科学園の桜の種類

園内は一般にも公開されており、2月下旬から5月上旬にかけて、いろいろな桜を見ることができます。全体としての見ごろは、たくさんの種類が咲く4月上旬〜中旬といえるかもしれません。

また震災からの福島復興を応援するシンボルとして、多摩森林科学園が育成した新種の八重桜「はるか」(大河ドラマ「八重の桜」の主役の綾瀬はるかさんが命名)も、見ることができます。

(多摩森林科学園のお花見について)
桜が一面に咲いたり、並木がある訳ではないので、一般のお花見にはちょっと不向きです。でも桜マニアやいろいろな種類を見たいという人には、天国のような場所です。

桜が植えられているのはサクラ保存林という場所で、ほとんどが斜面ですが遊歩道が作られており、途中には休憩用のベンチや東屋、トイレなどがあります。
その他には森林に関する、いろいろな資料を展示している森の科学館もあります。

休園日は毎週月曜日ですが3月と4月は無休となります。


桜の本数 1700本
桜の見頃 3月下旬〜4月中旬
交通 JR中央線高尾駅から徒歩10分
駐車場はありません
開花
観光情報
多摩森林科学園
天気 八王子市の天気予報
住所・地図 東京都八王子市廿里町1833-81  地図

多摩森林科学園の桜の写真


多摩森林科学園

狩衣 御車返し

有明 緑桜

薄重大島 糸括

松前更紗 飴玉





当サイトの文章・画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。


多摩森林科学園の桜 お花見の見ごろ・写真