上野公園
TOP
関東の桜の名所
伊豆の桜の名所
甲信越の桜の名所
東北の桜の名所
お花見・タイプ別
桜以外のお花見
開花・天気予報
お花見の宿泊
桜のライブカメラ
交通情報
リンク
TOP 関東の桜の名所 東京の桜の名所 > 上野恩賜公園

上野恩賜公園の桜とお花見

上野公園のお花見

東京のお花見の定番スポットのひとつ上野公園(正式な名前は上野恩賜公園)。日本さくらの名所100選にも選ばれており、桜が見ごろとなると必ずテレビのニュースなどでも登場します。

このテレビの映像では桜の花よりも花見に来た人たちや宴会の風景が長く映し出されますが、ここの桜は立派な木が多く、枝ぶりも良い木がたくさんあります。

上野公園は江戸時代からのお花見の名所で、上野寛永寺を創建した天海僧正が寛永9年(1632年)に吉野山から桜を移植させたのが始まりだそうです。元禄11年(1698年)にはお花見のために、一般に開放されていたそうです。

桜は上野公園だけで800本。これに動物園や寛永寺、東照宮などを加えると全部で約1200本の桜があるそうです。
その中でもテレビにも登場する桜並木や不忍池のまわりが人気で、平日でもすごい人出となります。穴場的な場所としては、桜並木から少し入った東照宮のあたりもおすすめです。

不忍池にはボート乗り場があり、池の上からお花見をするのも人気です。ボートは手ごきのボートの他に、サイクルボートやスワンボートもあり、料金は30分で600円〜700円です。


(上野公園の夜桜見物)
上野公園というと夜桜の様子がニュースで紹介されますが、マナー違反も多いため場所とりなどは年々ルールが厳しくなっています。無人の場所取りは禁止で、発見されればシートなどは撤去されてしまいます。

宴会の時間は原則として「ぼんぼり」が点灯している午後8時までとされています。歩いての夜桜見物は、入園禁止時間となる午後11時まで出来ます。
詳しくは上野公園のお花見のルール


(上野公園の桜の種類)
上野公園というとソメイヨシノだけが、クローズアップされがちですが、園内では早咲きのカンザクラや八重桜など60種類以上の桜があり、2月上旬〜4月下旬まで桜の花を見ることができます。→上野公園桜守の会

八重桜は不忍池の周囲にたくさん植えられており、カンザン、フゲンゾウ、イチヨウの他に、梅護寺数珠掛桜や黄緑色の花が特徴のウコンやギョイコウなども見ることができます。
また精養軒の前には大きな普賢象(フゲンゾウ・八重桜)があり、記念撮影のスポットとして人気です。


桜の本数 約1200本
桜の見ごろ 3月下旬〜4月上旬
交通 (鉄道)
JR・東京メトロ・京成線の上野駅よりすぐ。

(自動車)
都心の公園としては珍しく大きな駐車場3ヶ所あり、合計で約600台(有料)のスペースがあります。
開花情報
観光情報
上野公園桜守の会  上野恩賜公園  上野観光連盟
天気予報 上野公園の天気予報
住所・地図 東京都台東区上野公園・池之端3丁目  地図

上野恩賜公園の桜の写真


上野公園 上野公園の桜とお花見


不忍池(ボート池) 不忍池(蓮池)

普賢象(フゲンゾウ) 一葉(イチヨウ)

梅護寺数珠掛桜(バイゴジジュズカケザクラ) 御衣黄(ギョイコウ)







当サイトの文章や画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。








上野公園 桜の名所・お花見スポットと写真