TOP
関東の桜の名所
伊豆の桜の名所
甲信越の桜の名所
東北の桜の名所
お花見・タイプ別
桜以外のお花見
最近のお花見
開花・天気予報
お花見の宿泊
桜のライブカメラ
交通情報
リンク
TOP甲信越の桜の名所 長野の桜の名所


高島公園・高島城の桜とお花見

高島城はかって「諏訪の浮城」とも呼ばれ、諏訪湖に突き出ていたお城です。現在は湖が干拓されたため、湖岸からは少し離れてしまいました。

高島城は豊臣秀吉の家臣、日根野高吉が慶長3年(1598年)に築いた城です。関ヶ原の戦いの後には、徳川家康の家臣であり諏訪大社の神職でもある諏訪頼水が、諏訪藩(高島藩)の藩主となり、明治維新まで存続しました。

明治8年(1875年)に天守閣などが壊されてしまいますが、明治9年に高島公園として開放されます。昭和45年には天守閣が復元されました。

桜はソメイヨシノをはじめ彼岸桜、しだれ桜、八重桜など約90本があります。
本丸跡は庭園となっており、ここからは天守閣と桜が眺められます。他にはお城の東側(市役所側)と、北側のお堀の石垣に沿って桜が植えられています。
お花見シーズンには、このお堀や天守閣と桜の風景を求めて、多くのカメラマンもやってきます。

近くには観光名所の諏訪湖や間欠泉などがあり、諏訪湖の湖畔沿いにも桜が植えられています。


桜の本数 約90本
桜の見ごろ 4月中旬〜下旬
交通 (電車)
JR中央線諏訪駅から徒歩10分。

(自動車)
中央自動車道諏訪ICから約5km。
駐車場は市役所側と諏訪湖側の2ヶ所がありますが、いずれも小さいです。普通車14台・観光バス8台。
宿泊情報 じゃらん
開花・観光情報 諏訪市開花情報  諏訪観光協会
天気予報 天気予報
住所・地図 長野県諏訪市高島1-20-1  地図

高島公園・高島城の桜の写真

天守閣と桜 天守閣と桜

北側のお掘と桜 北側のお掘と桜

冠木(かぶき)門と桜 本丸の庭園の桜








当サイトの画像の著作権は管理人にあります。
許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。






高島公園・高島城 桜の名所・お花見と見ごろ・写真