TOP
関東の桜の名所
伊豆の桜の名所
甲信越の桜の名所
東北の桜の名所
お花見・タイプ別
桜以外のお花見
開花・天気予報
お花見の宿泊
桜のライブカメラ
交通情報
リンク
TOP関東の桜の名所 千葉の桜の名所 > 泉自然公園


泉自然公園の桜とお花見


泉自然公園は名前のとおり、できるだけ人の手を加えないで、北総台地の自然環境を活かした公園です。昭和44年(1969年)に一部が開園し、4年後の昭和48年に全体の整備が終了し、オープンしました。

現在は千葉県を代表する桜の名所で、「日本さくら名所100選」のひとつとなっています。園内の桜はソメイ ヨシノ(240本)、ヤマザクラ(860本)、オオシマザクラ(240本)、里桜(90本)などがあり、全部で21種類、1500本の桜があります。

(泉自然公園のお花見の場所)

ソメイ ヨシノはお花見広場や一本松広場、草原エリア、駐車場などに植えられています。公園で一番本数の多いヤマザクラは、園内の各所にありますが、ソメイ ヨシノの同じころに咲く物もあれば、遅れて咲く木もありまちまちです。

お花見で一番人気なのは草原エリア。大きな広場を取り囲むように300本の桜が植えられています。
お花見広場は少し小さいですが、こちらも桜に囲まれた広場です。下総御料牧場から譲り受けたという、ソメイヨシノとピンクの八重紅しだれ(名札は「シダレザクラ」となっています)の花のコントラストが美しいです。
一本松の広場のメインはしだれ桜。八重紅しだれがあり休憩所もあります。少し離れた花木園には江戸彼岸や早咲きの河津桜が植えられています。

また桜と同じ頃には菖蒲田の斜面でカタクリの花を楽しめます。泉自然公園には約15万株のカタクリがあり、自生地としては千葉県でも最大規模です。またミズバショウやニリンソウも見ることができます。

(飲食について)

駐車場の横に売店がありますが、お花見シーズン中でも平日はやっていませんでした。園内には飲み物の自販機もありますが、公園の近くに商店はないので、事前に準備しておいたほうが良いです。

(泉自然公園の交通)

泉自然公園は交通の便はあまり良くありませんが、桜のシーズンにはたくさんの花見客がやってきます。

バスはJR千葉駅東口から千葉フラワーバスで成東駅行き、または中野操車場行きで泉公園入口バス停まで約35分。千葉都市モノレール千城台駅から、千葉コミュニティバス「いずみバス」で泉公園入口バス停まで約30分。バス停から徒歩で約10分です。

自動車は千葉東金道路高田I.Cから約3kmと近いのはよいのですが、平日でも駐車場が満車となり、入場待ちの渋滞が発生します。


桜の本数 1500本
桜の見ごろ 3月下旬〜4月中旬
交通 (鉄道・バス)
JR千葉駅から千葉フラワーバス。千葉都市モノレール千城台駅から、千葉コミュニティバス「いずみバス」で泉公園入口バス停で下車、徒歩10分。

(自動車)
千葉東金道路高田I.Cから約3km。
駐車場 340台
開花・観光情報 泉自然公園  千葉市観光ガイド
天気予報 天気予報
住所・地図 千葉市若葉区野呂町108番地  地図

泉自然公園の桜の写真


お花見広場 一本松 紅しだれ桜

草原エリア 草原エリア

草原エリア 花木園

ヤエベニシダレ ピンククラウド

カタクリ ミズバショウ







当サイトの文章・画像の著作権は管理人にあります。許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。






泉自然公園の桜 お花見スポットと見ごろ