旧古河庭園
TOP 東京のバラ園・バラの名所

旧古河庭園のバラ




旧古河庭園は大正時代に建てられた雰囲気のある洋館と、バラが咲く美しい庭園で人気のバラの名所です。

1917年(大正6年)に古河財閥の3代目、古河虎之助によって洋館と庭園が造られました。バラ園がある洋風庭園と洋館は鹿鳴館やニコライ堂などを手がけたイギリス人の建築家、ジョサイア・コンドルにより設計されたものだそうです。

バラ自体は90品種・180株と多くは無いのですが、洋館とバラの景色はその数の少なさを補ってあまりあるくらい。バラ自体も大輪のバラが多く、しかも有名・人気の品種が多くあります。何よりもバラの手入れも良いので、香りを楽しみながらバラの花を堪能することができます。

春と秋のバラの見ごろの時期には「バラフェスティバル」が開催され、バラと洋館のライトアップやコンサート、庭園ガイドなどのイベントが行われます。

庭園内の通路は狭いうえ、たくさんの人がバラを見に来る中で、一部のカメラマンのマナー違反が起きたため、現在はバラの開花期間は三脚、一脚、自撮り棒を使用する撮影は禁止になっています。

園内には売店があり、洋館の中には喫茶室があります。


(開園時間・入園料)
午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)。
休園日は年末・年始(12月29日〜翌年1月1日)

入園料は一般 150円、65歳以上 70円。


旧古河邸(洋館・大谷美術館)はガイドツアーに代わり、1階の部分の見学ができます。

開館時間は10:30〜16:30(最終入館 16:00)

休館日は月曜日(7月〜9月、12月〜2月)月曜日が休日の場合は開館して翌火曜日休館。夏季(8月中旬)・冬季(年末年始)

入館料 400円



バラの本数 約90品種・180株
バラの見頃 (春バラ)5月中旬〜6月中旬
(秋バラ)10月中旬〜11月上旬
交通 JR上中里駅・地下鉄南北線西ヶ原駅から徒歩7分。
JR山手線・地下鉄南北線駒込駅から徒歩12分。

駐車場はありません。
開花情報 旧古河庭園
天気 旧古河庭園の天気予報
住所・地図 東京都北区西ヶ原1-27-39  地図

旧古河庭園のバラの写真



旧古河庭園

インカ
(ハイブリッドティー)

クィーンエリザベス
(ハイブリッドティー)
ダイアナ プリンセスオブウェールズ
(ハイブリッドティー)

クリスチャンディオール
(ハイブリッドティー)
オーナー
(ハイブリッドティー)




バラ苗と園芸用品【楽天市場】


TOP
東京のバラ園・名所
千葉のバラ園・名所
神奈川のバラ園・名所
その他のバラ園・名所
バラまつり
バラ園のライブカメラ
鉄道・交通情報
お花見リンク



当サイトの文章・画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。



旧古河庭園 バラのガイドと写真