横浜 神奈川県立フラワーセンター大船植物園
東京のバラ園・名所
千葉のバラ園・名所
神奈川のバラ園・名所
その他のバラ園・名所
バラまつり
バラ園のライブカメラ
バラ苗の通販
鉄道・交通情報
お花見リンク
TOP

TOP > 神奈川のバラ園・バラの名所 > 花菜ガーデン 

花菜ガーデンのバラ園

花菜(はな)ガーデンは農業や園芸を楽しみながら学べる施設で、2010年にオープンしました。花菜ガーデンというのは愛称で、正式には「神奈川県立花と緑のふれあいセンター」という名前です。

園内は四季折々の花木や草花を楽しめる「フラワーゾーン」と、野菜の植え付けや収穫、田植えや稲刈りなどが体験できる「アグリゾーン」があります。

フラワーゾーンにはバラ園や、クレマチス、ハナモモ、アジサイ、サザンカ、スイレンなどが見られるコーナーがあります。


バラ園は「薔薇の轍」という名前が付けられており、野生種のバラからモダンローズまで、バラの品種改良の歴史を見られるようになっています。

年々、バラの種類と本数を増やしており、2017年現在 1500種類・2300株のバラが植えられています。
これに合わせて人気も高まっており、交通の便の悪い場所でありながら、平日でも多くの観光客が訪れます。


バラ園の内部はイングリッシュガーデン風に造られた「野生種とその交配種」と「オールドローズ」。バラのアーチがある「モダンローズ」。ベット仕立ての「クライミングとシュラブローズ」。イングリッシュローズとミニバラが楽しめる「イングリッシュローズ」。
それにバラ園の隣にある迷路風のガーデン「風ぐるま迷図」には、「香りのバラ」と6つのエリアがあります。

また「春告げの小道」や「槿花(きんか)の小径」には、たくさんのバラの鉢植えが並べられています。

花菜ガーデンは開園してまだ数年ですが、バラの質と量は関東でもトップクラスのバラ園になりました。生田緑地ばら苑横浜イングリッシュガーデンと並んで、神奈川県を代表するバラ園と言えます。

バラの開花の時期にはバラ園「薔薇の轍」の隣にある「風ぐるま迷図」では、クレマチスの花サルビア園では色とりどりのサルビアの花を見ることができます。


園内の通路はバリアフリー化されており、車いすの貸し出しも行われています。バラ園の内部には休憩所やベンチもあります。

園内には他にレストラン「キッチンHana」や、神奈川県の特産物や雑貨、お土産などを販売するショップ「ディア・チャペック」。園芸や農業の書物を備えた図書室。花菜ガーデンの隣にはJA湘南の農産物直売所「あさつゆ広場」があります。


(開園時間・休園日)
開園時間はバラが見ごろの「ピークシーズン」は、午前8時30分から午後5時まで。無休です。

3月〜5月7日、6月、9月〜11月の「レギュラーシーズン」は、午前9時から午後5時まで(11月4日〜30日は午後4時まで)。

7月、8月は午前9時〜午後5時、12月〜2月は午前9時〜午後4時。

休園日はピークシーズンとレギュラーシーズンは無休。
7月、8月、12月〜2月の「スローシーズン」は毎週水曜日(祝日の場合は翌日)及び12月28日から1月4日まで。)


(入園料金)
ピークシーズン・・・大人880円、中人550円、小人300円、シニア550円。
レギュラーシーズン・・・大人520円、中人300円、小人200円、シニア310円。
スローシーズン・・・大人220円、中人110円、小人110円、シニア110円。


本数 約1500品種・2300株
見頃 (春バラ)5月中旬〜6月上旬
(秋バラ)10月中旬〜11月上旬
交通 (電車・バス)
JR東海道線平塚駅・北口から神奈川中央交通バスの秦野駅行き(71・74・75系統)で 「平塚養護学校前」バス停で下車、徒歩5分。

小田急線秦野駅・北口から神奈川中央交通バスの平塚駅行き(71・74系統)で 「平塚養護学校前」バス停で下車、徒歩5分。

(自動車)
小田原厚木道路平塚ICから約1.5km。
駐車場 351台(有料)
開花情報 花菜ガーデン
住所・地図 神奈川県平塚市寺田縄496-1  地図


花菜ガーデン バラ園の写真

イングリッシュローズ ガーデン

野生種とその交配種 ガーデン オールドローズ ガーデン

モダンローズ ガーデン ミニバラ ガーデン

クライミングとシュラブローズ ガーデン イングリッシュローズ ガーデン

風ぐるま迷図 香りのバラ 春告げの小道

花菜ローズ(フロリバンダ) ロサ ムルティフロラ(ノイバラ)

レッドラフランス(ハイブリッドティー) ウィンチェスターキャシードラル
(イングリッシュローズ)







当サイトの画像の著作権は管理人にあります。
許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。





バラ苗と園芸用品【楽天市場】


花菜ガーデンのバラ園 ガイドと写真