拝島
TOP
ツツジの名所
ボタンの名所
バラの名所・バラ園
TOP > 東京の藤の名所 > 西新井大師の藤


西新井大師の藤


西新井大師(總持寺)は、空海(弘法大師)が天長3年(826年)に創建したという歴史のあるお寺で、関東三大師のひとつでもあります。

藤棚は本堂の前、いろは池の隣にあります。藤の木は樹齢700年といわれる野田藤です。

藤棚はけっこう大きいです。2株の藤で作られていますが、本堂側から見ると左側の藤は葉を茂らせてはいるものの、ほとんど花房を付けていません。
藤棚の下にはベンチが置かれているので、休憩しながら藤の花を楽しむことができます。

藤が咲き始める頃は、ちょうどボタン園でボタンの花が見頃となります。境内では「花まつり」が行われ、露店なども出店します。

門前の参道には清水屋中田屋田口屋菓子舗と草団子のお店があります。

藤の本数 2本
藤の見頃 4月下旬〜5月上旬
交通 (電車)
東武鉄道大師線大師前駅下車・徒歩2分。

(バス)
JR・東京メトロ・都電王子駅から都営バスで西新井大師バス停下車。

(自動車)
首都高速川口線鹿浜橋IC、中央環状線扇大橋IC、三郷線加平ICから約10分。
西新井大師には駐車場がないので、周辺のコインパーキングを利用。
開花情報
観光情報
西新井大師  西新井大師商栄会
住所・地図 東京都足立区西新井1丁目15-1  地図

西新井大師の藤の写真












当サイトの文章、画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。







西新井大師の藤 東京の藤の名所