拝島
TOP
ツツジの名所
ボタンの名所
バラの名所・バラ園
TOP > 東京の藤の名所 > 拝島の藤


拝島のフジ(藤)


「拝島のフジ」は樹齢800年といわれる、東京都でも有数の藤の古木であり大木です。別名「千歳のフジ」とも呼ばれ、東京の天然記念物に指定されています。

藤の木があるのは「拝島大日堂」の境内だったところで、現在は拝島公園として整備されています。

東京都教育委員会の掲示板によると、室町時代末頃この地にあった明王院の境内に自生していた藤で、明王院は江戸時代初期に廃寺なりましたが、フジだけが残り今に至っている」となっています。
ただ明王院については、天正年間に建立された大日八坊のひとつという記録もあり、定かではない部分もあります。


拝島のフジは昭和31年頃には根元の周囲が2.9mあったそうですが、今はそれほどありません。
さすがに古木ということで、藤棚の南側は花付きが悪く房も短いですが、北側は花房が長く1m20cmぐらいにはなるそうです。
藤棚の下にはベンチが置かれており、近所の人たちの憩いの場となっています。

藤棚から階段を登ると拝島大日堂と日吉神社があり、拝島公園のとなりには大日八坊のひとつ拝島大師があります。

本数
見頃 4月下旬〜5月上旬
交通 (電車)
JR青梅線昭島駅から徒歩約20分。

(バス)
JR中央線立川駅から立川バスで「拝島大師」下車。徒歩2分。
開花情報
観光情報
昭島観光まちづくり協会  昭島市
住所・地図 東京都昭島市1丁目10番  地図

拝島のフジの写真


大日堂の仁王門と拝島のフジ


拝島大日堂








当サイトの文章、画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。







拝島のフジ(藤) 東京の藤の名所