長瀞の藤 藤花園
TOP
鉄道・交通情報
お花見リンク
TOP > 埼玉の藤の名所 > 春日部ふじ通り


春日部 ふじ通り


国の天然記念物「牛島の藤」などがある春日部市。市の花は「藤」です。

東武線の春日部駅西口から5分ほど歩くと、道路の両側に藤棚が続く「ふじ通り」となります。
この藤棚は昭和54〜55年度にかけて、区画整理事業の一環として作られたもので、147本を植樹されました。現在は7種類・約220本の藤があり、藤棚の長さは両側を合わせると1060mもあり、街路樹の藤棚としては日本一の長さだそうです。

藤の見頃は4月中旬〜5月上旬で、まずシロカピタンが咲き出し、続いてアカカピタン、ムラサキカピタン、クチベニフジ、コクリュウフジ、ムラサキナガフジ、シロナガフジと咲いていきます。
このうち本数が多いのはコクリュウフジ(約70本)、ムラサキナガフジ(約70本)、ムラサキカピタン(約50本)の3種類ですが、ひとつの藤棚には複数の種類の藤が植えられています。藤の木には名札が付けられているので、名前を確認しながら花を楽しむことができます。
この藤棚の下にはツツジなども植えられているので、藤とツツジのコラボも楽しめます。

また「ふじ通り」にはファミリーレストランなど飲食店もあるので、食事や休憩をしながら藤を楽しむこともできます。
春日部駅西口には、タクシー乗り場のロータリーにも藤棚があり、美しい藤の花を見ることができます。

ふじ通りでは毎年、4月下旬に「春日部藤まつり」が開催され、パレードなどが行われます。

本数 約220本
見頃 4月中旬〜5月上旬
交通 東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・野田線(東武アーバンパークライン)春日部駅西口から徒歩5分。
開花・観光情報 春日部市観光協会
住所・地図 埼玉県春日部市中央2・4・5・6丁目、谷原2・3丁目 地図

春日部 ふじ通りの藤の写真




ムラサキカピタン(紫花美短)

シロカピタン(白花美短) アカカピタン(赤花美短)

ムラサキナガフジ(紫長藤) コクリュウフジ(黒龍藤)







当サイトの画像の著作権は管理人にあります。
許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。








春日部 ふじ通り 埼玉県の藤の名所