長瀞の藤 藤花園
TOP
ツツジの名所
ボタンの名所
バラの名所・バラ園
TOP > 埼玉の藤の名所 > 青葉園の藤


青葉園の藤


埼玉県は国の天然記念物・樹齢1200年の「牛島の藤」を筆頭に、県の天然記念物となっている藤が5ヶ所もあるという、藤の銘木が多いところです。

青葉園にある3本の野田藤もそのひとつで、樹齢は700年といわれています。これらの藤は加茂宮(さいたま市北区)、指扇前原(西区)、瓦葺(上尾市)と別々の場所にあった藤を、昭和の初期に東大成町(当時は大宮町)に集められたもので、「大宮藤園のフジ」として昭和28年に県の天然記念物に指定されました。

その後、大宮郵便局の建設に伴い、昭和40年(1965年)に青葉園に移植されて、現在にいたります。

樹齢700年とはいえ樹勢はとても良く、毎年1mを超える美しい花穂をつけます。藤棚はこの3本の藤からなり、県の資料によると10mx13mの大きさということですが、見た目にはそれよりもだいぶ大きく見えます。ともかく立派な藤で一見の価値があります。
この藤棚の隣には白藤の藤棚と紫藤の藤棚があり、休憩所もあります。

青葉園は民間の霊園ですが、藤棚は入り口を入ってすぐの場所にあり、誰でも自由に見ることができます。また西駐車場にも藤棚があります。

開門時間は午前7:30〜午後6:30まで。ペットの入園はできません。


本数
見頃 4月下旬〜5月上旬
交通 (電車・バス)
JR・東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン)大宮駅西口から西武バス・佐知川原駅行で青葉園バス停からすぐ。

(自動車)
首都高速大宮線・与野出口から新大宮バイパス。
駐車場は5カ所あります。
開花・観光情報 青葉園  さいたま市の観光スポット
住所・地図 埼玉県さいたま市西区三橋5-934  地図

青葉園の藤の写真











当サイトの画像の著作権は管理人にあります。
許諾なく画像のコピー、転載、転用することを禁止します。








青葉園の藤 埼玉県の藤の名所