長瀞の藤 藤花園
TOP > 埼玉の藤の名所 > 長瀞 岩畳の藤

長瀞 岩畳の藤




関東の藤の名所というと、ほとんどが人手によって育てられた藤棚ですが、長瀞町の岩畳にある藤は自生しているものです。もともとこのあたりは「藤谷淵」と呼ばれており、昔から藤が多かったようです。

藤は岩の隙間から生えているため、背が低かったり房が短かったりしますが、岩と藤の花のコラボレーションは長瀞ならではの景色です。また木の背が低いので間近で、藤の花を見ることができます。
藤は岩畳のあちこちで見られますが、長瀞駅や船着き場に近いあたりに多くあります。

岩畳は国の特別天然記念物で、結晶片岩(地下深くに沈み込んだ岩石が、高い圧力を受けて再結晶した岩)が隆起したものです。辺り一面に畳を敷きつめたように見えることから「岩畳」と呼ばれています。
岩畳のすぐそばには船下りの発着場や、飲食店・土産物店などがあり、長瀞の観光の中心地となっています。


藤の本数 400株・3000本
藤の見頃 4月下旬〜5月上旬
交通 (鉄道)
秩父鉄道長瀞駅から徒歩5分

(自動車)
関越自動車道花園ICから約20km。
長瀞駅周辺に有料駐車場があります。
開花情報
観光情報
長瀞観光協会  長瀞ラインくだり  荒川ライン下り
住所・地図 埼玉県長瀞町長瀞  地図

長瀞 岩畳の藤の写真








TOP
ツツジの名所
ボタンの名所
バラの名所・バラ園
鉄道・交通情報
お花見リンク




当サイトの文章・画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。



長瀞 岩畳の藤 埼玉県の藤の名所