TOP
関東の桜の名所
関東の梅の名所
関東のつつじの名所
関東の藤の名所
関東のバラの名所

TOP > 東京の牡丹の名所 > 上野東照宮


上野東照宮のぼたん苑


上野東照宮は桜や動物園、博物館などで有名な上野恩賜公園内にある神社です。江戸時代の寛永4年(1627年)に、藤堂高虎が自分の屋敷内に創建した神社で、徳川家康を祀るために建てられました。
本殿や拝殿、 唐門などは国の重要文化財となっています。

上野東照宮のぼたん苑は、昭和55年(1980年)に日中友好を記念して開苑したもので、歴史は浅いですが花の管理の行き届いており、東京を代表する「ぼたんの名所」になっています。

園内には国産のぼたんの他に、中国牡丹やアメリカ、フランスの品種なども植えられています。

ここは花の手入れが良く、花がら摘みもキチンとされているので、美しいぼたんの花を見ることができます。700円の料金を払っても十分に元がとれた気になります。

花の上には日よけ棚や和傘がかけられており、花びらを風雨から守っています。また、これらは写真を撮る際の演出にもなります。

ぼたん苑には飲み物やアイスクリームなどを販売する売店や、休憩所などもあります。

(上野東照宮でみられる牡丹の種類)
雪重、紫紅殿、百花撰、島津紅、明石潟、島錦、八千代椿、鎌田錦、まりも、ジパング、ハイヌーン、黄冠、緑胡蝶、佐保姫、御国の曙、島大臣、芳紀、花王、聖代、連鶴、太陽、吉野川、花競、島根長寿楽、新桃園、八重桜、花鏡、新日月錦、八束獅子など。

園内ではぼたんの他にシャクヤクや西洋シャクナゲ、ケマンソウ、ディジー、カスミソウ、古都さくら、エスコルチア・ミニチュアサンデーなどの花を見ることができます。


(上野東照宮ぼたん苑の開園時間・料金)
ぼたん苑は春ぼたんと冬ぼたんの開花時期だけ開園されます。

春ぼたん・・・4月中旬〜5月上旬
       開園時間:午前9時〜午後5時
冬ぼたん・・・1月1日〜2月下旬
       開園時間:午前9時30分〜午後4時30分

入苑料は大人(中学生以上)700円、社殿共通拝観券1100円、小学生以下は無料です。


本数 250種類・3200株
見ごろ 4月下旬〜5月上旬
交通 (電車)
JR上野駅・公園口から徒歩5分。京成上野駅・池之端口から徒歩5分。東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅から徒歩10分。

(駐車場)
上野東照宮には駐車場がありませんが、周辺には上野パーキングセンター上野恩賜公園第一駐車場京成上野駅駐車場上野中央通り地下駐車場などがあります。
開花・観光情報 上野東照宮  上野観光連盟
天気予報 上野公園の天気予報
住所・地図 東京都台東区上野公園9-88  地図


上野東照宮 ぼたん苑の写真

第2牡丹園


ぼたん苑の鯉のぼり

雪重 島錦

鎌田錦 まりも

アイベリースカーレット
(西洋シャクナゲ)

上野東照宮 社殿 旧寛永寺五重塔








当サイトの文章・画像の著作権は管理人にあります。
許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。







上野東照宮のぼたん苑  東京の牡丹の名所